新しい音声法話: 生きた仏法の宝になる方法. . . 法門説法予定: 香港:2017年1月6日~ 9日、シンガポール:2017年1月11日~ 15日、ギリシャ:2017年1月21日、 22日、ルーマニア:2017年1月28日、 29日、ポーランド:2017年2月4日、 5日、イタリア:2017年2月11日、 12日、ギリシャ:2017年2月18日、 19日、イギリス:2017年2月25日、 26日、香港:2017年3月3日~6日、シンガポール:2017年3月8日~12日、オーストラリア:2017年3月14日~26日... 詳しくは: 説法予定 をご覧下さい. . .

ダルマ·ミュージック
クリックして再生

Courtesy of PBC co. inc.
下のリンクより入手できます。
Dharmajewels.co.uk
質の良い数珠、タンカ、チベットの線香、仏像、その他のダルマ製品の仕入れ所

 

寄付をする

パスゲート·インターナショナルの後援者になることで、発展途上国のたのパスゲート·パートナーシップ·プログラムを援助することが出来ます。詳しく知りたい方はここをクリックして下さい。

パスゲート·ニュースレター

最新のパスゲート学院のニュースをメールで受信されたい方は下に名前を入力し、定期購読をクリックして下さい。現在のところ英語のみとなっています。
法門ニュース

ヤンタン・リンポチェ猊下 般涅槃入りされる

Rinpoche with students at the conclusion of the Pathgate Winter School

有名なニンマ派ゾクチェンマスターであるヤンタン・リンポチェ猊下が2016年10月15日(チベット太陰暦、火猿年 2143年8月14日)に、インドのハイダラバードにて入寂されました。

彼は地蛇年11月10日(1929年)にシッキム西部にあるペマヤンツェ僧院に生まれ、ヤンタン・リンポチェ猊下の父はチベット東部のゾクチェンから来たペマ・ドロドゥルで、母はオユック・ドラッカー家のヤンタン・アティンの娘であるテンジン・チョドロンです。

ヤンタン・リンポチェ猊下は、クンザン・ジグメ・デチェン・オサル・ドルジェ・リンポチェの名としても知られ、幼い時にチベット東部ドモン僧院テルトン・ドルジェ・デチェン・リンパ、そしてラツァン・ナムカ・ジグメの化身であることが認められました。

1942年にドモン僧院に戻られたヤンタン・リンポチェ猊下は、彼の前身の時の一番弟子であったソグツゥル・リンポチェの指導のもとそこで勉強を始めました。彼は他にも、ペユル・マザー僧院のケンポ・ゾカ・ラマ・ツゥロ、ケンポ・クンザン・オゼル、ラホル・ゾクツゥル・リンポチェ、そしてワッシャル・クンチェン・トゥプテン・チョキ・ワンチュックから教えを伝授されました。

20年以上も籠もっておられたヤンタン・リンポチェ猊下は、その後シキム州西部のペリンに移り住みました。そして1959年にヤンタン・リンポチェ猊下はチベットにおける厳しい政治状況によりドモンから逃げざるを得なくなり、そのご牢屋に22年間入れられたままになりました。

1981年に釈放されたからは、ドモンに戻りそこで僧院が完全に破壊されているのを目の当たりにしました。それから彼は出生地であるシキム州に帰り、ようやくそこが住まいとなりました。悟りと達成において広く認められている11代目ペユル派座主ペマ・ノブ・リンポチェは、『私とヤンタン・リンポチェには全く違いがありません。』と、以前言われています。この二人ともグル・リンポチェの智慧と切り離されていないといわれたヴィマラミトラの化身であることは認められています。

ヤンタン・リンポチェ猊下は、アメリカ、ヨーロッパ、アジアの彼の信仰者たちにカマとテルマ、そして他の貴重な伝授をしながら最後の年を過ごされました。彼の一切衆生の徳のために施した慈悲行は、彼がなくなった後も長く響き続くていくことでしょう。

 

ヤンタン・リンポチェ猊下の涅槃儀の予定

Yangthang Rinpoche

入寂される前に残したヤンタン・リンポチェ最後の指導に応じるために、涅槃儀の執り行い方をドゥドゥップチェン・リンポチェの指導を仰ぎました。功徳の蓄積の完成と無明の浄化の完成のため、ヤンタン・リンポチェの地と道の支障が仏性の光明の中に溶け込んだ証を得るとめに、リンポチェの化身の新月がいち早く現れるために、その他全ての縁起良きために、この深妙で壮大な涅槃儀の供養は執り行われます。ドゥドゥップチェン・リンポチェはすでにヤンタン・リンポチェの化身を見つけ出す役目もお受け下さいました。

ヤンタン・リンポチェ猊下の涅槃儀の予定は次の通りです

第一部:ドゥドゥップチェン・リンポチェが助言して下さったように:10月16日から11月4日まで(チベットカレンダーの8月15日から9月5日)、この‘3、7’の期間はシッキム州の首都ガントックにあるドゥドゥップ-チョルデン・ゴンパにて‘ラマ・チョッパ(グル供養)’の行をして涅槃儀が行われます。

第二部:11月5日(チベットカレンダーの9月6日)にヤンタン・リンポチェの聖ないる身体がシッキム州西部にあるペマヤンツェ僧院に招かれます。‘The Seven Chapters Supplication Prayers’の読誦が三日間涅槃儀としてそこで執り行われます。

第三部:11月8日(チベットカレンダーの9月9日)にその聖なる身体がシッキム州西部にあるユクソムに招かれます。ノブ・ガンはユクソムにあり、シッキムの仏法王と三人の師匠たちが始めて出会った聖地です。それによって深妙な仏法の門がそこで開かれました。ユクソムはヤンタン・リンポチェの主席でもあります。リンポチェの聖なる身体はノブ・ガンの近くにある彼自身の部屋に招かれます。そして深く壮大な涅槃儀が12月2日までユクソムで行われます。

終部:12月2日(チベットカレンダーの10月3日)にヤンタン・リンポチェ猊下の聖なる身体の火葬式がユクソムで行われます。この儀式を執り行うために全方角におられる卓越した師匠たちが出席されることになっています。この法事がこの涅槃儀の結末となります。

 

ヤンタン・リンポチェ猊下からの最後の教え

Yangthang Rinpoche

ヤンタン・リンポチェ猊下は入寂される前に彼の姪の娘に手紙を残しました。つまり、この手紙はヤンタン・リンポチェ猊下の最後の教えとして受け止めるべきです。

もっとも純粋な意志をもとに、タシ・チョツォへのちょっとした助言:

あなたはまだ若いけれども、その時があなたの心が新鮮で明確な時です。今こそ今生の人生について注意深く考え、そして何が待ち構えているかを注意して考える時です。過去の賢人たちはこの様にいっています。『先のことを計画することは賢いことである。後で後悔するのは馬鹿げたことである。』

つまりこの意味していることは、今生と来世にとって徳になる正しい方向を注意して探すことを考えなければならないといっています。そしてそれを探し出すことができたのなら、その道を誠心誠意で追求していくことが非常に大事なことです。不注意にも、一度間違った方向に行ってしまったら、たとえ正しい道に戻りたいと願ったとしても引き返すことはとても困難になるでしょう。直ぐには戻ることが出来なくなるのです。だから初めから正しくしておくことが最善なのです。

簡単にいうと、世俗の道と精神の道の二つがあります。世俗の道を取れば今生と来世の両方において苦しみが伴うでしょう。この方向はとても大変です。なぜなら悪と悪徳の道がそこには含くまれているからです。

精神の道は一時的に全てを有する幸福と健全性、そして最終的な全てを有する幸福と健全性、この両方を共に明らかにする方向です。そうでにあるにもかかわらず近頃は、この啓発的な道を選んで入る人はとても少ないのです。

この惑星に住む73億人の中で、たった数十万人しか仏法の道を歩んでいません。その他の人々は皆、世俗の道を追求しているのです。そして悪徳しか確立しないことによって、その悪の力によって、無力にも苦しみへと続く誤って導かれた方向に進まざるをえなくなるのです。

このたった一度きり手に入れた人間としての貴重な生涯なのに、それを彼らは輪廻の道の意味の無い行いに気をそらされ、しかも人生を無駄にしたことすら気づかないのです。いつの日か死が来たらそれら全てを後に残していかなければならないのです。彼らの愛している両親、家族、裕福であるもの、そして愛して大切にしていた彼らの身体も残して、目に涙をいっぱいにして来世に向かって行くのです。そして、悪徳だけを積むことに人生を費やしたことによって三悪道に生まれ変わることしかできないのです。

三悪道の中だけで何度も何度も輪廻し続け、何十万年の人間の月日が過ぎ去った後、一度だけ三善道に生まれることがあるかもしれません。しかし六道の中を輪廻し、そのように長い間連続した苦しみを体験したために、そこから自由になることを成し遂げることは不可能でしょう。

だから若い少女であるあなたは、この方角は避けて通れますようにと祈らなければならないのです!もしもあなたの業によってそっちの方へ行ってしまったとしても、どうかこのアドバイスは強く心に残しておいて下さい。欲求不満によって反応することをせず、自分一人で決めることはしないことです;良い意志を持つ両親と年上の助言を尊重することです;知識のある人の助言を尊重し、三宝とあなたの未来に関する予言を信じることを学びなさい。常に自分の内側を慎重に見つめ、混沌とした活動に従事することをせずに、プラスの方向に確実に歩み進むことです。このような世俗の方向は、広大な苦しみの山です。とても長い間耐えなければならず、それは実にとても恐ろしい道なのです。そして悪い業の力によって望ましくない方向に無力にも落ち進むことになるのです。

もし深妙な仏法の道を選ぶことを願うのなら、それが最善でしょう!それが正当な啓発的な道であり、間違いの無い進路でしょう!まず最初に大切なことは、一心に三宝を信頼し、そしてしっかりと両親と年上の助言を大事に大切にすること。そして慈悲の心をもった師匠たち、僧侶たち、そして優秀な修行者たちがあなたに授けて下さる教えを聞きそれを守ることです。そして心の安定と集中力を保ち、揺らぐことなくこの輝く道へ入りなさい。まずは自分自身の目的を純粋に達成し、そうしてから他の徳のために働いていきなさい。

もしあなたのような若い少女が仏法の道に入ることができるなら、仏法を修行するためにチベット語を勉強し学びなさい。これはとても重要なことです。努力してチベット語を勉強しなさい。それは大変なことかも知れません、しかしそれはあなたの大きな目的を成就させてくれるものなのです。

たった今、あなたが集中していることは一般の学校の世俗的な科目です。そのような知識からは、今生に限られている実用的な面の生き残り方、そのことに得のあることしか学ぶことができません。

例えば、食べ物、富、名声、名誉、評判そして地位などの手に入れ方を学びます。例えば科学のような科目を西欧で学んだ全ての哲学者たちは、普通の人の目では見ることが出来ないものを見極めることができます。

彼らは四大要素の外をとりまく貴重なものを確認し抽出し、病気を治せる医学的な発見を成し遂げ、自分の向かっている方角に得をもたらし守ることが出来、他の者たちに害を及ぼしているものから彼らを救い出すことが出来、この世の得をもたらしまたは害をもたらす両方の物質を発見する専門家であるかもしれません。しかしながら、それでも彼らの全てを知る能力はとても限られています。

それを仏陀の全知とくらべたら、精神的な観点からみてその仏陀の能力は空間と等しいものです。知ることが出来ないもの、または知らないものは、髪の毛一本に値するものすらなにもありません。それが完全で完璧な全知というものです。そのような全知の仏陀が教えた通りに仏法を理解するところまで達すれば、あなたの意識は空の様になり、頑固になることは決してありません。あなたという全ての存在は開かれ自由になります。

仏陀の教えはあなたと他の者にとって一時的また究極な徳がたくさん詰まっているものであるから、この仏法をほんの少しだけでも学ぶことが出来れば、それはとてつもない達成をもたらしてくれます。どうかこの助言を心に深く深く留めておいて下さい。

ラマ・ドンドゥップ・ドルジェ・リンポチェ 秋の説法予定

Ven. Lama Dondrup Dorje offering Mandala

ラマ・ドンドゥップ・ドルジェ・リンポチェはこの秋の季節を海外にいる生徒たちに教えを説いて回ります。11月は香港、シンガポール、オーストラリアで説法をされます。12月にはヨーロッパに戻り、イギリスでの冬合宿で今年を締めくくる前にルーマニア、イタリア、ギリシャで説法をされます。

説法の詳細をご覧になりたい方は 説法予定 をご覧下さい。

生きた仏法の宝になる方法

Natural scene

‘生きた仏法の宝になる方法’と題された法話は、‘解脱する方法を示す道’の音声法話の続きです。この法話でラマ・ドンドゥップ・ドルジェ・リンポチェは、私たちの行いをより善いものにするための四段階について説明され、それを行うことで妨害されることのない安定した心を築き上げます。この安定のみが、私たちが自らの本性の中でくつろぐことを可能にし、智慧が現れます。

仏法の教えを心のそこから修行することに勤め、それを誠意の心と終始一貫して修行する時、私たち自身は生きた仏法の宝に変わります。仏陀の教えは、自分の行いを改善することに集中することで、他人を審判したり正したりすることではありません。この法話でラマ・ドンドゥップ・ドルジェ・リンポチェは、私たちの行いを改善させる四つの実践を叙述しそれを説明します。これはだれもが日々の生活で応用できるものです。その四つは、他人の間違いについて話さないこと、他人が犯した道徳上の罪について話さないこと、冒涜や怒りの言葉を使わないこと、けちさや自己中心さの実践をする代わりに布施の寛大さを喜びをもって実践することです。

この法話や他の法話を聞きたい方、また録音のmp3をダウンロードされたい方は、 ラマ・ドンドゥップ・ドルジェ・リンポチェの音声法話のページで行えます。

Vaccination

2015年度 パスゲート・サマースクール
2015年度のパスゲート・サマースクールは6月30日から8月30日まで行われ、生徒に9週間のリトリートが提供されました。これは釈尊がおられた時代に、3ヶ月の夏安居が毎年雨季に行われた伝統を見習ったものです... [全容]

Vaccination

キャブジェ・チャドラル・サンジェ・ドルジェ・リンポチェ猊下 102歳で大般涅槃入りされる
キャブジェ・チャドラル・サンジェ・ドルジェ・リンポチェ猊下がネパールのヤンルショウで2015年12月31日に大般涅槃入りされ、2016年1月5日までトゥクタム(深い瞑想)のままでおられました。... [全容]

Vaccination

グル・リンポチェの生涯 製作過程
映画 'グルリンポチェの生涯'の製作が続く中、'グルリンポチェの生涯 製造工程' という新しいトレーラーが仏法シアターでご覧になれます。... [全容]

Vaccination

タクルン・ツェツゥル・リンポチェ猊下 大般涅槃入りされる
ニンマ派の精神的長であったキャブジェ・タクルン・ツェトラル・リンポチェ猊下(1926–2015)が、2015年12月23日にインドのブッダガヤにて、涅槃入りされる前の最後の瞑想段階である大般涅槃(トゥクタム)に入られました。猊下はそこでニンマ派信仰者のための祈祷集会である、ニンマ・モンラム・チェンモに出席することになっていました。... [全容]

Vaccination

2014年度 法門仏法研究院の活動
ナムドロリン僧院からのB型肝炎予防接種プログラムの嘆願に対するしき資金援助をして下さった皆さんに厚く感謝いたします。ほぼ120万円募ることができましたが、まだ目標額には大幅におよんでいません... [全容]

Vaccination

ドゥブワン・ペマ・ノルブ・リンポチェ四世の即座式
チョコール・ドゥチェンという吉日にドラブワン・ペマ・ノブ・リンポチェ三世の生まれ変わりであるペマ・ノブ・ヤンシ・リンポチェが、チベットのペユル僧院で即位される... [全容]

Vaccination

B型肝炎予防接種のための資金活動は完遂
インドのナムドロリン僧院でのB型肝炎接種プログラムをご支援していただいた全ての生徒と後援者の皆様に厚く御礼を申し上げます。プログラムは無事に完遂いたしました。... [全容]

Vaccination

2014年度 法門仏法研究院サマー・スクール
今年の法門仏法研究院サマー・スクールは7月1日に始まり8月31日までの9週間開かれました。このサマー・スクールは世界各国から多くの参加者でにぎわいました。... [全容]

Vaccination

更新情報: インドでのB型肝炎予防接種プログラムへ資金援助まだ必要
ナムドロリン僧院からのB型肝炎予防接種プログラムの嘆願に対するしき資金援助をして下さった皆さんに厚く感謝いたします。ほぼ120万円募ることができましたが、まだ目標額には大幅におよんでいません... [全容]

Grand Tenshug Announcement

ヤンシ・リンポチェの長寿祈願供養への重要な発表
インドのナムドロリン僧院の管理者から、世界各国のペユル寺団体の生徒たちに、グランド・テンシュ(長寿祈願供養)への、公式援助要請がだされました... [全容]

Guru Rinpoche in sky

新版 映画‘グル・リンポチェの生涯’
‘グル・リンポチェの生涯’は、故ペノル・リンポチェ猊下によってプロデュースされた15編からなる10時間に及ぶチベット語の映画です... [全容]

日出ずる国での仏法
ドンドゥップ・ドルジェ・リンポチェが、2014年4月に一連の説法をするため長野県と東京に訪れました... [全容]

インドでのB型肝炎の予防接種プログラムへの基金を募る
ツェパル・トプケェ病院の管理者が、インドのナムドロリン僧院に住む僧侶と尼僧へのB型肝炎予防接種プログラムへの資金活動の援助を嘆願しています... [全容]

nl0430_Japanese_site

ラマ・ドンドゥップ・ドルジェ師が2014年4月に来日
ラマ・ドンドゥップ・ドルジェ師が2014年4月に長野東京で法話をするため来日します。... [全容]

nl0431_meditate

復活祭リトリート:仏法基礎勉強レベル1
今年のラマ・ドンドゥップ・ドルジェ師との仏法基礎勉強レベル1リトリートは、2014年4月18日~20日の復活祭の祭日期間中に開かれます... [全容]

HH_reincarnation01_w

2013年の法門仏法研究院をふりかえる
2013年の法門仏法研究院とラマ·ドゥンドラップ·ドルジェ師の行事をふりかえって見たい方は、こちらをご覧下さい... [全容]

HH_reincarnation01_w

ドゥラブワン·ペノル·リンポチェ(ヤンシ·リンポチェ)の長寿を願う祈祷文
ヤンシ·リンポチェ(生まれ変わり) としてのぺノル·リンポチェ猊下が認められたとても喜ばしいニュースに継いで、タクルン·ツェツル·リンポチェ猊下ドゥラブワン·ペノル·リンポチェの生まれ変わりの長寿を願う祈祷文が創られた... [全容]

HH_reincarnation01_w

ペノル·リンポチェ猊下の生まれ変わりが確認されたことが正式に発表される
ナムドロリン僧院は2013年12月5日にぺノル·リンポチェ猊下の生まれ変わりが、チベットで生まれたことを発表した... [全容]

0406nl

2013年度パスゲート·サマー·スクール
9週間に及んだ2013年度パスゲート·サマー·スクールでラマ·ドゥンドラップ·ドルジェ師は、生徒たちに仏教学者が概念や知識に溺れるのではなく、日々の生活に実際に仏法を織り込んでいく仏法行者になるようにと、激励しました。... [全容]

0406nl

 ドゥラブワン·ペノル·リンポチェ猊下の遺品
ドゥラブワン·ぺマ·ノルブ·リンポチェ猊下のクドゥン(聖遺体)の火葬が、チベット暦4月13日(西暦2013年5月23日)に南インドのナムドロリン僧院で行われた。この火葬式には、数万人の信者が世界中から集まった。.... [全容]

0406nl

ルーマニア語の法門仏法研究院のウェブの立ち上がり
ラマ·ドゥン·ドラップドルジェ師は、2011年以来定期に説法をしにルーマニアを訪れています。たくさんいるルーマニアの生徒のためにルーマニア版の法門仏法研究院が今オンラインとなりました。.... [全容]

猊下の記念法要 
 ペマ·ノルブ·リンポチェ猊下の入滅命日を記念する法要今年もインドナムドロリン僧院で行われました。同時に各国のペユル·センターでも行われました。... [全容]

’ペマ·ノルブ·リンポチェ猊下の慈悲の世界’に五カ国語が加わる
 ラマ·ドゥンドゥラップ·ドルジェ師が脚本監督した、’ペマ·ノルブ·リンポチェ猊下の慈悲の世界’にさらに五カ国語が加わりました。... [全容]

ペマ·ノルブ·リンポチェ猊下のクドゥンの火葬
ナムドロリン運営委員会が、ペマ·ノルブ·リンポチェ猊下の クドゥンを南インドのナムドロリン僧院にてチベット太陽暦の4月13日(2013年5月23日)に火葬する 決断をしました。... [全容]

2012年の法門仏法研究院の活動を振り返る
2012年度の法門仏法研究院は出来事の多い年でした。昨年度の法門仏法研究院の多様な行事をご覧になりたい方は法門ニュースをご覧下さい。... [全容]

ギリシャでの異教徒間の友好関係
2012年度を通して前旧ローマン·カトリック教会大司教でありセント·ベネディクト派カマルドルセ集会の修道士であるモンシニョール·ジョージ·パパサナシオウ博士師は、定期的にアテネにあるパスゲート ·ダルマ·センターと連絡を取り合っていました。... [全容]

ツェパル·トプケェ病院のための寄金の募りは成功
全世界の友と生徒たちへとても喜ばしお知らせがあります。40万アメリカドルが近い額が、インドにあるナムドロリン·ツェパル·トプケェ病院のために集めることができました。... [全容]

シドニーのパスゲート·ダルマ·センターの新しい仏殿
ラマ·ドゥンドゥラップ·ドルジェ師は、新しく完成されたシドニーのパスゲート·ダルマ·センターの仏殿で説法しました。この建築計画の基金はほぼ地元の僧伽によって集められ、2011年に開始されました。... [全容]

2013年度のブダガヤは、ミパム·リンポチェの説法
キャブジェ·シェチェン·ラブジャム·リンポチェ猊下がンガギュル·カマ伝統維持協会(NKTPA)による申し出でにより、ニンマ派のジャムゴン·ミパム·リンポチェの全業績のエンパワーメントとその口頭伝承、そして長寿のエンパワーメント(long life empowerment)を祈祷祭典の締めくくりとして行うことを快く受け入れました... [全容]

ツェペル·トップキェ病院からの緊急基金嘆願
インド政府のよって閉院の危機に追われているナムドロリン·ツェペル·トップキェ病院 を守るための緊急基金嘆願が発されました... [全容]

インドでの貯水タンクの落成式
パスゲート·パートナーシップ·プログラム のスポンサーによって作られた新しい”貯水タンク” の落成式が、リゴ·トゥルク師 の指揮で8月19日にビールにあるパユル·チョコルリン僧院 で執り行われました... [全容]

2012年度パスゲート·サマー·スクール
2012年度パスゲート·サマー·スクール は北と南アメリカ、オーストラリア、ヨーロッパ、極東などにまでおよぶ遠くの生徒たちを引き寄せました。8種類のリトリートで構成された今年は、7月から8月の間の8週間に亘り、英国ニューカッスル·アポン·タイン にあるパスゲート·ダルマ·センター で行われました... [全容]

2012年度英国イースター·スクール
2012年度英国イースター·スクールは4月6日から11日に開かれ、カナダ、ローマニア、イタリア、ギリシャ、ブラッセル、アイルランドなどの遠い国々から飛んできた生徒たちで賑わいました。... [全容]

ペノル·ノルブ·リンポチェ猊下の周年記念法要
ぺノル·ノルブ·リンポチェ猊下の周年記念供養がインドにあるナムドロリン僧院で3月22日木曜日から24日土曜日まで行われました。... [全容]

キャブジェ·タクルン·リンポチェが、新しいニンマ派の総長
ドルジェ·ドラック僧院の座主であり、'北の秘法'(The Northern Tresures)系統の長でありるキャブジェ·タクルン·ツェツュル·リンポチェが、チベット仏教ニンマ派学校の総長になりました。... [全容]

パユルがダウン·アンダーで栄える
ラマ·ドゥンドゥラップ·ドルジェ師仏法の学習に興味を持っている生徒たちへ説法をするため、オーストラリアの頻繁な訪問者になっています。彼のダウンアンダーでの滞在は幾人かのパユル系統でも同じ系統に属する先生たちも加わりました。... [全容]

ラマ·ロブサン·チョペルの入寂
ぺノル·リンポチェ猊下の長年の付き添い人であり、秘書で会ったチャクゾッド·ラマ·ロブサン·チョペルが3日土曜日の午後4時半にインドで入寂されました。... [全容]

オーストラリアのシドニーで建造中のパスゲート·ダルマ·センターについての最新情報
広々とした新しい建て増しの進むオーストラリアのシドニーのパスゲート·ダルマ·センター。... [全容]

パスゲート·キッチンのダルマ食
パスゲート·キッチンでの食事の準備は、生徒たちにラマ·ドゥンドゥラップ·ドルジェ師の 指導である、口数を少なくし、もっと笑顔を増やし、優しくなるという日々の活動を通して注意深さを養うという実践が出来るようにと、提供された場所になっています。... [全容]

2011年度パスゲート·ウインター·スクール
2011年度パスゲート·ウインター·スクール古典医学気功基礎勉強(en:Classical Medical Qigong Foundation Study)の安居となり... [全容]

2011年度のパスゲート学院の総括
仏教先祖代々からの恩恵に支えられたラマ·ドゥンドラップ·ドルジェ師は2011年度も仏法の布教とダルマ事業に対する援助を世界中で行う... [全容]

2012年度のブダガヤでの毎年のンガギュル·カマ·トランスミッション
ヤンタン·リンポチェ猊下ンガギュル·カマ伝統維持協会の願いにより、カゲ·デシェグ·ドゥパ(一切諸仏の集まりとしての八大明王)のエンパワメントを与えることを丁重に受け入れられました。... [全容]

ドゥンセイ·チンリー·ノルブ·リンポチェ(en:Dungsei Thinley Norbu Rinpoche)が80歳で入滅
ニンマ派の卓越された導師であるドゥンセイ·チンリー·ノルブ·リンポチェが2011年12月27日にアメリカで入滅されました。...[全容]

パスゲートがニューカッスルのホームレスにクリスマスのご馳走を贈呈
英国ニューカッスル·アポン·タインのホームレスの人々に、ラマ·ドゥンドゥラップ·ドルジェ師がクリスマスのご馳走をお届けしました。...[全容]

大主教マルカズ·ソングラシュビリ(en:Archbishop Malkhaz Songulashvili)がパスゲート学院に訪ねられました。

ジョージアの福音バプテスト教会大主教であるマルカズ·ソングラシュビリ閣下は本当の仏教についての知識を深めることが目的で、11月下旬にラマ·ドゥンドラップ·ドルジェ師を訪れました。... [全容]

シドニーでのパスゲート活動の情報更新
前回のオーストラリア への訪問でラマ·ドゥンドラップ·ドルジェ師は、ラジオ用の取材 を受け、ツェ·タルの儀式 を行い、シドニー·パスゲート·センター の新しい仏殿の進行状況を見守りに行きました。...[全容]

多羅菩薩の恩恵がダウン症候群を負かす
今年の3月にラマ·ドゥンドラップ·ドルジェ師は、妊娠13週間のオーストラリア人の生徒から指導を仰がれました。その母親の胎児の超音波検査の結果... [全容]

カルマ·クチェン·リンポチェ猊下(en:HH Karma Kuchen Rinpoche)がシンガポールのパスゲートの生徒たちにエンパワメントを授けました
12代目パユル派の座主であるカルマ·クチェン·リンポチェ猊下は11月にシンガポールを訪れられ、それは偶然にもラマ·ドゥンドラップ·ドルジェ師のその都市国家への定期的な訪問と重なりました。....[全容]

上海での家族再会の集い
ラマ·ドゥンドラップ·ドルジェ師 は上海に住む親戚たちとの中国での再会の集いに出席されました。彼は滞在中に地元の生徒たちへ説法と帰依も行いました。... [全容]

パスゲートがビールにあるパユル·チョコルリン僧院に貯水タンクを寄付
パユル·チョコルリン僧院 からの要望に答えたラマ·ドゥンドラップ·ドルジェ師 は、シンガポール パスゲート僧伽 と共同して、僧院への貯水タンクの建造の資金を集めました... [全容]

アレン·メモリアル·メソジスト教会での宗教間の講話
ニューカッスル·アポン·タインにある、アレン·メモリアル·メソジスト教会 にゲストとして招かれたラマ·ドゥンドラップ·ドルジェ師 は、違う宗教の信仰者たちの中での共通の目的である、日常の行動を自分と他との両方の得のために生ぬく、愛の活動に移し変える ことについて話しをしました。... [全容]

キャブジェ·トゥルシッグ·リンポチェ猊下(H.E. Kyabje Trulshig Rinpoche)が88歳で入滅
2010年以来チベット仏教のニンマ派の長を務めたキャブジェ·トゥルシッグ·リンポチェ猊下が、2011年9月2日に入滅されました。... [全容]

東アフリカの飢饉への懇願についての情報更新
アフリカの角で起こった干ばつにより約1300万人が飢餓に直面しています。ラマ·ドゥンドラップ·ドルジェ師は、人災に対する緊急手当は優先的に行われべきだと思い続けています。 ... [全容]

パスゲートがホームレスに交友関係と食糧を提供
パスゲート 英国ニューカッスル·アポン·タイン の町のホームレスたちへの交友関係と食糧 を提供してきています。... [全容]

24カ国の生徒がパスゲート夏安居に参加
今年の英国でのパスゲート·サマー·スクールは、7種類の安居の内で24カ国の生徒が参加しました。... [全容]

ブータンのクンザン·ヨゥセリンで安居が開始
英国ニューカッスル·アポン·タイン パスゲート夏安居 が始まったと同時に、ラマ·ドゥンドラップ·ドルジェ師のダルマ仲間 のために、別の安居がブータンパロ にあるクンザン·ヨセリンの安居宿 で始まっています。... [全容]

ルーマニアのブチャレストに新しいパスゲート勉強会ができた
ラマ·ドゥンドラップ·ドルジェ師ルーマニアに初訪問した際、地元の生徒からのブチャレストでのパスゲート勉強会の構成の要望に応じました。... [全容]

0286c

パスゲート復活祭とメーデー安居
英国で最近行われたラマ·ドゥンドラップ·ドルジェ師との安居には、世界中から飛んで来た生徒たちが参加しました。古典禅定太極拳のイースター安居が6日間、因縁を題にしたメイ·デイ安居が3日間行われました。... [全容]

ラマ·ドゥンドラップ·ドルジェ師がオランダの旧都に訪問
最近のオランダへの訪問でラマ·ドゥンドラップ·ドルジェ師は、瞑想、仏法指導、仏教医学気功 の説法をしました。... [全容]

ペノル·リンポチェ猊下の入滅三回忌
ペノル·リンポチェ猊下の入滅 三回忌を追悼する法事が、インドのナムドロリン僧院 で2011年4月2日(チベット太陰暦最初の月の29日)から5日間行われました。... [全容]

ナムドロリン僧院でのケンポとドルジェ·ロポンへの即位式
インドのナムドロリン僧院ケンポバジュラチャルヤ を授与された、ラマ·ドゥンドラップ·ドルジェ師の137人のダルマ兄弟たちへの温かい祝賀の意が表されます。... [全容]

法事の日にちと記念日
パスゲート学院のウェブサイトに法事の日にちと記念日 が新しく追加されました。そこではチベット仏教暦 のきたる法事の日にちと記念日が見つけられます。... [全容]

 

戻る   進む   頭に戻る

ナムドロリン·ツェペル·トップキェ病院

 

お問い合わせ | © 2016 法門密宗仏法研究院